« キャリア間SMS | トップページ

2011年7月21日 (木)

土用のうなぎ

 
奥様が、職場で国産うな重をいただいてきたので、
家族で美味しくいただく

最近、次男までが味を覚えて、
体重が倍ある父親と同じ量を食べるように・・・



由来
鰻の蒲焼(うな重)の通説(平賀源内説)
鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、
讃岐国出身の平賀源内が発案したという説が最もよく知られている。
これは文政5年(1822年–1823年)の、
当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている。
それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、
夏に売れない鰻を何とか売るため源内の所に相談に行った。
源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という
民間伝承からヒントを得て、
「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。
すると、物知りとして有名な源内の言うことならということで、
その鰻屋は大変繁盛した。
その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、
土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。
実際に鰻以外には、梅干や瓜などを食する習慣もあったようだが、
今日においては殆ど見られない。



1

|

« キャリア間SMS | トップページ

食べ物の話し」カテゴリの記事

コメント


さみしいとき
あるよね
http://qid46c8.t.monju.me/

投稿: ひまなとき | 2011年8月26日 (金) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土用のうなぎ:

« キャリア間SMS | トップページ